活動実績

設立
2014年に行われた、全国ビーチサッカー大会、全国ビーチテニス大会など、渋川海岸におけるビーチスポーツの進展を機会に、昨年10月、ビーチバレー、ビーチテニス、ビーチサッカーの各チーム代表者と、ビーチで活動するヨガ、フィットネスのインストラクターが集まり、ビーチスポーツの普及を目的に集会をしたことが始まりになります。
2015年3月10日、行政や地元企業・団体など多くの協力者と共に、ビーチスポーツの主軸に官民一体となった町おこしプロジェクト、【おかやまビーチスポーツ協会】を設立しました。
ビーチスポーツを通じて、10年20年と地域と共に継続的な活動を行っていきます。
こども夢基金
≪目的≫
ビーチスポーツは、地球環境スポーツとも言われます。
私たちが行う競技は、きれいな砂の上でなければ実施できません。 そのため、選手はもちろん、スタッフも観客も保護者も、関係者はみんな、ビーチの清掃活動からスタートします。
ビーチスポーツを楽しむことで、地球環境を大切に想う心を育てます。
また、素足で砂浜を走ることは、健康の推進や運動能力の開発にとって、非常に効果的です。
そのような環境の中で、ビーチスポーツの日本代表選手と触れ合うことで、子供たちの将来性と夢を育んでいきたいと思います。

≪内容≫
①ビーチクリーン活動
関係者全員で浜辺の清掃活動を行います。
時には、観光客や散歩している方も巻き込んで、みんなで清掃を行います。
たばこの吸い殻、空き缶、ペットボトル、バーベキューの捨てがらなど、様々なゴミを拾うことで、環境の清掃はもちろん、私たちの心の中もきれいにできるのでないでしょうか。

②やってみよう!ビーチスポーツ
砂の上でのスポーツは難しい・・けど、楽しい! 靴をはくことが当たり前になっている現代っ子。実は子供たちの運動機能の発達において、ビーチスポーツほど優れたものはありません。
裸足で砂の上を歩く、ただそれだけで、バランス感覚を養い、姿勢を改善するとともに、しっかりとした体幹を築くことができます。

③vs 日本代表選手!
世界に羽ばたけ、ちびっ子たち!
ビーチスポーツは世界共通の競技です。
ビーチバレーは、FIBVのワールドツアーがあり、ビーチテニスは、世界選手権があり、ビーチサッカーは、FIFAが主催するワールドカップがあります。
もしかすると、未来の日本代表は、ここから生まれるのかもしれません。



ページのトップへ戻る